ページビューの合計

2014年5月20日火曜日

HONDA Rebel and Triumph day


トランダのハンドルノッチ加工です、
ノッチャーやフライスだとなかなか出来ない
角度、、、、手でしょ!むしろ手しかありません。



トライアンフちゃんの
リアボルトonフレームです、

条件としましては、

ノーマルホイールベース

現状の車高

奇麗に(当たり前か、、)





このアンダーブラケットの下がり具合
が後々効いてきます



そうなんです、
ノーマル車高、ノーマルホイールベース
だと、このアンダーパイプのベント角度が
浅くなってしまうんです、

浅く浅く、しかも後方へ
曲げる箇所がずれるんで、

先ほどのアンダーブラケットから
下にずらしてあげると、

ここの角度が稼げて、立ち上がり
の箇所もだいぶ前方に
ずれます、

車高を下げるのであれば
車軸が上にいくので
アンダーの角度が稼げますね、
おまけに背骨と
トップチューブが真っすぐに
成りますね、

でもノーマル車高ですので、
こんな感じで、トリック掛けます


あー、もう説明するのも
難しいですねー

感じて下さい







社外のハードテイルだと
トップの曲げ角を左右変えて
オフセットさせているのが多いんですが

そこは、左右対称にしました、
見た目にも気持ちいいですよね、



レブル チョッパー あ、ボッバーか?
後、もう少し、、、、


カスタムじゃない、
ファクトリーメイクな雰囲気で、

あれみたいな、光岡的な、
エンジンだけホンダ的な

的な

だから、メーターとか、デカイです

でも違和感無いです、
なんでもかんでも
隠してスムースにしなくても、、
これはこれの、

まとまりが、ある


往年のエンブレムがまぶし過ぎ

0 件のコメント:

コメントを投稿